MENU

効果があるという割にはいざ服用してみると効かないって本当?

ペニス増大サプリのヴィトックスαは、25ヶ月連続売り上げNo.1という記録を作る一方で、利用者の満足度も96.5%ととても高い数字を維持しています。たしかに口コミを見てみても、ほとんどの人が目標達成に喜びの声を寄せているくらい、効果が高いというイメージがあります。

 

しかし、なかにはまったく効果がなかったという人もいないわけではありません。いったい、その理由はどこにあるのでしょうか?

 

効果がなかったという人たちの共通点とは?

口コミなどで効果がなかったと訴えている人たちは、具体的にはどのような感想を述べているのでしょうか。

 

ひと口に効果がないといっても、まったく効果がなかっただけではなく、なかにはある程度サイズアップはしたものの、満足できるレベルではなかった、という人たちもいるようです。

 

そして、まったく効果がなかったという人の口コミを見てみると、効果がないと感じた時点ですぐに使用するのをやめてしまっていることが分かります。

 

短い人では5日程度で、長くても2ヶ月くらいでやめている人がほとんどです。これはサイズアップに満足しなかったと人たちにも共通していて、だいたいの方が1ヶ月から2ヶ月くらいでで使用するのをやめてしまっています。

 

どうやら、ここに大きな理由がありそうです。

 

ヴィトックスαは長く続けることが大事!

ヴィトックスαの公式サイトを見てみると、たしかに実感速度が平均で5日という宣伝がされています。

 

しかし、実際に利用している人たちの声を聴くと、この「実感」というのはサイズアップのことを指しているだけではないようです。
たとえば使い始めのころによくある感想として、むずむずしたり熱い感じがする、勃起力が高まる、あるいは硬さが増しているように感じる、というものが多く見られます。

 

効果がなかったという人たちの多くも、このような変化自体は感じているようなので、やはり宣伝で言われている「実感」というのは、このあたりのことを指していると考えたほうがよさそうです。

 

常識で考えてみても、わずか5日で驚くほどサイズアップしてしまったら、逆に少し怖くなってしまいますよね。

 

たしかに、高いお金を出して効果を期待したのだから、すぐにサイズアップしたいという気持ちも分かります。

 

ただ、ヴィトックスαはあくまで医薬品ではなく、サプリメントです。

 

サプリメントというのは毎日飲み続けていくことによって、少しずつ体質を改善していき、最終的な目標を達成するものなのです。

 

口コミで効果を感じている人たちのほとんども、少なくとも1ヶ月、平均してもだいたい3ヶ月くらい続けてようやく満足できるサイズアップを達成していることが分かります。特に、サプリメントの効果というのは個人差も大きいものなので、はっきりした結果を判断するまでは、やはり最低でも3ヶ月くらいは続けてみる必要があるでしょう。

 

せっかく始めてみたのだから、効果がないとすぐに投げ出してしまうのはもったいないことです。

 

大切なのは、とにかく毎日欠かさず続けていくこと。

 

これを気長に、じっくり実践してみてください。
96.5%の満足度があらわすような結果が得られる可能性は高いと思いますよ!

 

より効きやすいようにするには体調管理も大切!

サプリメントというのは、いわゆる「健康補助食品」です。そういう意味では、ヴィトックスαもまた健康をサポートするものという位置づけに変わりはありません。

 

もちろん、ペニスも体の一部です。
その成長をうながすためには、やはり普段から健康を保っておくことも重要なポイントとになるでしょう。

 

もし、ヴィトックスαを飲んでもあまり効果が感じられなかったという人は、一度自分の生活を振り返ってみてください。

 

たとえば、食べすぎや飲みすぎ、睡眠不足、運動不足などといった生活習慣の乱れはありませんでしたか?
そうした体調管理をおこたっていると、ヴィトックスαの効果もやはりしっかり出なくなるケースもあるようです。
もちろん、タバコなどは血流にも悪い影響をあたえ、勃起不全を引き起こす可能性さえあるものなので、なるべく避けるようにしましょう。

 

精神的なストレスも大きくかかわってくるので気をつけてください。

 

また、飲み方についてもより効果を出すためには、ジュースなどで飲んでいる人は、一度水かぬるま湯で飲むようにしてみるのもひとつの手です。

 

飲み物を使わずにサプリだけで飲んでいる人も、吸収を良くするには溶けやすくしたほうが良いので試してみてください。

 

また、飲むタイミングについても本来はいつでもかまわないのですが、空腹時のほうがより成分を効率的に吸収できるようになります。

 

このような改善をどれだけ試してみても、どうしても体質などの個人差で成果が出ないということはかならずありえます。

 

あまりプレッシャーを抱えすぎるのもよくないので、ダメでもともとくらいの気持ちでチャレンジしてみましょう。
結果的にはそれが、良い方向に向かうこともあるかもしれませんよ!